新着情報

  • HOME
  • カテゴリー: 新着情報

光ヶ丘ホームのページを更新しました

2021.07.26 カテゴリー[ news ]

 光ヶ丘ホームの概要のページを更新しました。

 以下のページをご覧ください。

   ・光ヶ丘ホーム

人間ドックの概要のページを更新しました

2021.07.26 カテゴリー[ news ]

 人間ドックの概要のページを更新しました。

 以下のページをご覧ください。

   ・人間ドックの概要

令和3年(2021年)度の新規採用試験(作業療法士)のお知らせ

2021.07.21 カテゴリー[ news ]

令和3年(2021年)度の新規採用試験を行います。
 ・対象:作業療法士
 ・応募締切:令和3年8月31日(火)
 ・採用試験:令和3年9月10日(金)予定
質問等ございましたらご連絡ください。
ご応募お待ちしております。

研究発表のページを更新しました

2021.07.12 カテゴリー[ news ]

 研究発表のページを更新しました。

 以下のページをご覧ください。

   ・研究発表

日本リハビリテーション医学会研修施設に認定されました

2021.05.22 カテゴリー[ news ]

 光ヶ丘病院には、現在、新藤恵一郎、新藤悠子の2名のリハビリテーション科専門医・指導医がおります。このたび、日本リハビリテーション医学会研修施設に認定され、富山県で、6施設目となりました。

公益社団法人日本リハビリテーション医学会研修施設リスト

 

 当院は、慢性期医療を中心とした病院ですが、在宅や施設からの状態悪化者の受け入れ(急性期)や、脳卒中や大腿骨頚部骨折の連携パス(回復期)にも対応しております。さらに、法人内には、介護医療院や介護老人保健施設、通所リハビリ、訪問リハビリなどの介護保険にかかわる施設があり、医療から介護まで、幅広くリハビリテーション医学の研修が可能です。

 研修をご希望の医師の方は、ぜひお声かけ下さい!

 

臨床美術・音楽療法・園芸療法のページをアップしました

2021.04.27 カテゴリー[ news ]

 リハビリテーション科のページに、臨床美術・音楽療法・園芸療法のページをアップしました。

 以下のページをご覧ください。

   ・臨床美術

   ・音楽療法

   ・園芸療法

歯科衛生士が2名(常勤・非常勤 各1名)入職しました

2021.04.16 カテゴリー[ news ]

当法人に歯科衛生士が2名(常勤・非常勤 各1名)入職しました。

今後、口腔衛生を整え、摂食嚥下や誤嚥性肺炎予防に貢献していきます。

認知症サポート医養成研修を2名修了しました

2021.03.26 カテゴリー[ news ]

 当院リハビリテーション科の新藤恵一郎、新藤悠子が、認知症サポート医養成研修を修了しました。

 認知症サポート医の機能、役割には、以下の3つがあり、地域における「連携の推進役」を期待されています。
  1) 認知症の人の医療・介護に関わる、かかりつけ医や介護専門職に対するサポート
  2) 地域包括支援センターを中心とした多職種の連携作り
  3) かかりつけ医認知症対応力向上研修の講師や住民等への啓発
    (認知症サポート医養成研修:国立長寿医療研究センターHP

 笠島學理事長に上記2名が加わって3名体制となり、当法人の認知症に対する医療・ケアが充実していくことが期待できます。

痙縮治療について、新藤恵一郎が講演しました

2021.03.02 カテゴリー[ news ]

 2021年2月26日、ボルファート富山で、当院リハビリテーション科医師の新藤恵一郎が、「痙縮治療 Meet the Expert」で、「地域医療におけるボツリヌス治療」という題目で講演しました。
 ボツリヌス治療は、脳卒中後などにみられる上肢や下肢の痙縮(つっぱり)を減らします。それにより、歩行能力を改善したり、介護量を減らすことができる可能性があります。
 今後も紫蘭会では、ボツリヌス治療にさらに力を入れていきたいと考えています。ご相談は、ボツリヌス治療外来をご予約ください。


[ボツリヌス治療外来(リンク)]

   https://www.shirankai.net/hikari/rehabilitation/rehabilitation01

 

論文掲載のお知らせ

2021.03.01 カテゴリー[ news ]

 当院リハビリテーション科医師の新藤恵一郎が責任著者、新藤悠子が共同著者の論文が掲載されました。デンマーク留学中にDRCMR(Danish Research Center for Magnetic Resonance)で行った研究成果です。

  Multimodal Assessment of Precentral Anodal TDCS: Individual Rise in

  Supplementary Motor Activity Scales With Increase in Corticospinal

  Excitability
  Karabanov AN, Shindo K, Shindo Y, Raffin E, Siebner HR.
  Front. Hum. Neurosci., 25 February 2021 |

    https://doi.org/10.3389/fnhum.2021.639274

  https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fnhum.2021.639274/full

  (オープンアクセス)

 

[ 要旨 ]
 一次運動野への経頭蓋直流電気刺激(tDCS)の効果は、一般的には陽極刺激(Anodal tDCS)で皮質運動野の興奮性を促通すると言われていますが、個人差が大きいと言われています。
 本研究では、Anodal tDCSの効果を、経頭蓋磁気刺激(TMS)と機能的MRI(fMRI)で評価し、その関連性を検討しました。その結果、Anodal tDCS後に、TMSで誘発された運動誘発電位(MEP)の振幅が増加した個人は、補足運動野(SMA)の脳活動が増加し、MEPの振幅が低下した個人では、SMAの脳活動が減少していました。このことは、tDCS効果には、一次運動野からの生理学的特徴が、Anodal tDCSの効果を決定することが推察されました。

新着情報
NEWS
診療案内
INFORMATION [はじめて受診される方へ]  初診の方はご覧ください
[受付時間のご案内] 【月~金曜日】
 午前   8:30~12:00
 午後 13:30~17:00
【土 曜】
 午前 8:30~12:00
 午後 休診
【休 診】
 日曜・祝日・お盆・年末年始
お見舞いメール
公式インスタグラム
公式facebook
医療法人社団 紫蘭会 医療法人
光ヶ丘病院
Medical Corporation HIKARIGAOKA 〒933-0824
富山県高岡市西藤平蔵
313番地
TEL 0766-63-5353(代)